結婚したい婚活女子、イマドキ「花嫁修業」って必要??

フォンダン師匠
こんにちは!
チョロめがね
こんにちは!今日は質問が来ています。
フォンダン師匠
はい。
チョロめがね
婚活女性からの質問ですね。「花嫁修業って今の時代必要ですか?」
フォンダン師匠
おおー。「花嫁修業って必要ですか?」って言うけど、必要ないんですか?逆に聞くけど。
チョロめがね
男性側の意見からしてっていうことですか?
フォンダン師匠
いや全体的に。
チョロめがね
全体的にですか。どうなんですかね
フォンダン師匠
なんで必要ですか?って聞くのかよく分かんないですよね。
チョロめがね
じゃあ答えは「はい」だっていうことですね。
フォンダン師匠
決まってるじゃないですか。

じゃあ「何もできないのに結婚するんですか?」っていう話になりません?

チョロめがね
(笑)
フォンダン師匠
それはこの前話した婚活の話と一緒で「結婚生活をするにあたってあなたは結婚して何をするんですか?」っていう話じゃないです?
チョロめがね
そうですね。
フォンダン師匠
ご飯作らないんですか?家事しないんですか?子供育てないんですか?旦那さん育てないんですか?っていう話じゃないですか。
チョロめがね
うんうん。
フォンダン師匠
じゃあ実家に住んでる人とかはできるんですか?っていう話になるじゃないですか。
チョロめがね
そうですね。
フォンダン師匠
「花嫁修業」っていう言葉がみんな馬鹿にするけど、しないとどうやって生活していくんですかってなりません?
チョロめがね
確かに。「花嫁修業」っていうと「お茶しないといけない」とか「お花習わないといけない」みたいな、今よりも高等技術を身に付けないといけないっていうふうなイメージを持ってる人もいると思うんですけど。
フォンダン師匠
うんうん。でもまずは料理とか家事とか。
チョロめがね
そういうことですね。
フォンダン師匠
お母さんから習うことが大事じゃないですかね。あとはバイトするとかね。
チョロめがね
「当たり前のことを当たり前にできるようになる」っていうのが1つの「花嫁修業」ってとらえても大丈夫ですね。
フォンダン師匠
そうですよ。さっきチョロさんが言った「お茶」とか「お花」っていうのも私はすごく大事だと思うんですよね。
チョロめがね
おお、そうなんですね。
フォンダン師匠
それっていうのは「お茶とかお花の技術を習う」っていうのも1つの技術としてはいいと思うんですよ。日本の文化なんでね。
チョロめがね
そうですね。
フォンダン師匠
でもそれを習うことによって「内面磨き」っていうのがあって。

一緒に歴史を勉強したりとか、器とか着物とかお花の見方とか文化とか。キレイなものに触れるとかそういうものを見ることによって自分の内面が磨かれたりとか。

レベルアップするっていうか。みんながみんなしてるわけじゃないじゃないですか。

チョロめがね
確かに。
フォンダン師匠
でもみんながしてないからこそ「自分だけの価値観」っていうのが磨かれる。だから私はお花やってますけど、すごい大事だと思うんですよね。

そういうのって「誰しもが持てる価値感」ではなかったりするので。でも必要かどうかっていったら必要じゃないってみんな思うかもしれないですけど、それって活かされるときが絶対来るんですよね。

チョロめがね
そうですね。
フォンダン師匠
何かのところで。それを知ってるか知らないかで自分の株が上がってくるんですよね。

みんなお茶とかお花とかをバカにするところがあるじゃないですか。「今時そんな古臭い」って言うけど。でも「古臭いことをしているからこその価値観」っていうのが生まれてくるので。

お金かかったりもするのでそこまではしなくてもいいんですけど、触れられる場所があったら触れればいいと思うんですよね。でも料理とか掃除とか洗濯っていうのは毎日必ずしないといけないことなので。

チョロめがね
確かに。
フォンダン師匠
旦那さんがご飯できるからご飯作らなくてもいいって思ってる人多いと思うんですけど、私はそうは思ってなくて。

やっぱり旦那さんは昔から「狩りに出る」っていうのが仕事じゃないですか。女の人は「家を守る」っていうのが仕事じゃないですか。

これは遺伝子的に太古の時代からずっと同じことで。私はそれができない女の人は絶対家を守ることはできないし、結婚しても上手くいくとは思えないんですよね。

チョロめがね
そうですね。
フォンダン師匠
そういう考え方の人はね。上手いこといってる人は見たことないです。
チョロめがね
確かに。
フォンダン師匠
それはただただ旦那さんが優しいだけで。でも旦那さんが忙しくなったときに「じゃああなたはどうするんですか?」ってなるじゃないですか。

子供が生まれたときに旦那さんは働きに行かなきゃいけない、自分は家にいる。でも料理できない、掃除できない、家事できないだったらどうするんですか?っていう話じゃないですか。

チョロめがね
本当にそうですね。
フォンダン師匠
なので「花嫁修業」っていうよりも「最低限の家事は必ずできるようになってから結婚してください」と思います。
チョロめがね
確かに。この婚活市場にはたくさん若い人もいれば、キレイな人もいれば、細い人もいれば、太ってる人もいる中で。

「ありのままを受け入れてほしい」っていうことで「花嫁修業って今の時代必要ですか?」って言ってると思うんですけど、男性側からの意見として「ありのままをぶつけられても選ばないですよ」っていうことですよね。

フォンダン師匠
確かにね。内面ですよね全部は。
チョロめがね
なので「花嫁修業」といえばいろいろやることもあると思うんですけど。料理、掃除、家事、お花とかお茶とかも。

ほかの人と一緒のことをするんではなくて、かつ違うことをやって内面を磨いていくっていうふうにすれば男性も見つけてくれるっていうかね。

フォンダン師匠
オリジナリティが出てくるんでね。
チョロめがね
そうですね。たくさんいる人の1人にはならないかなとは思いましたね。
フォンダン師匠
そうですね。でも最低限 料理と洗濯と掃除はできるようになってくださいね。
チョロめがね
はい。それはできてたほうがいいですね。
フォンダン師匠
いやいや。できないとダメです。
チョロめがね
ダメですか。分かりました。
フォンダン師匠
はい。
チョロめがね
じゃあその3つは。料理、掃除、家事、育児に関することはできるようになって。
フォンダン師匠
はい。いろいろ考えてください。
チョロめがね
頑張ってください。
フォンダン師匠
はい。頑張ってくださいね。
チョロめがね
はい。
フォンダン師匠
それでは皆さんさようならー。

フォンダン師匠とLINEのお友達になれば
無料で豪華プレゼントがもらえる!

→ 詳しくはこちら