「早く結婚して孫を見せてほしい!」という親の思いに応えられず悲しいです【結婚のお悩み相談】

チョロめがね
じゃあ今日のお悩みを読ませていただきます。

「フォンダン師匠、こんにちは。」

フォンダン師匠
こんにちは!

チョロめがね
「私は最近、悩んでいることがあります。

『早く結婚して孫の顔を見せてほしい』という親の思いに応えられず、最近悲しいです。何かアドバイスいただけませんか。」

フォンダン師匠
そうですね、よく聞きますね、これも。

チョロめがね
これそうですね。聞きますよね、本当ね。

フォンダン師匠
まあ解決策としては、早く結婚する(笑)

チョロめがね
(笑)

フォンダン師匠
しかないんですけど。

チョロめがね
まあそうですね。

フォンダン師匠
早く結婚しないと。あとは「無理」って親に言う(笑)

チョロめがね
(笑)無理。

フォンダン師匠
うん。

チョロめがね
どうなんでしょうね、結婚したいんですかね、この方は。

フォンダン師匠
どうなんでしょうね。分からないですね。

チョロめがね
ただただ言われるのが辛いのか。

フォンダン師匠
ただただ言われるのが辛いっていうのは普通にあるんで。

チョロめがね
うーん、確かにね。婚活を頑張ってて、かつそれを言われるっていうのが悲しいのか。

フォンダン師匠
それは可哀相ですよね、ちょっとね。

チョロめがね
ただただ結婚しない!って思ってて、その親の…みたいなっていうのが

応えられないのが辛い、悲しいっていうのか。どちらかっていうにもよりますけどね。

フォンダン師匠
どっちでもいいんですけど、私だったらスルーですよね、こんなのは。

チョロめがね
これもスルーですか。

フォンダン師匠
スルーですよ。

チョロめがね
スルーすると。

フォンダン師匠
スルーですよ、そんなの。私の人生なんでね。

チョロめがね
あー、まあ確かにね。結婚しようがしなかろうが。しても子供を作るとか作らないとか。

フォンダン師匠
時代が違うんで。もうこれは仕方がないんです、何を言っても。

チョロめがね
はい。

フォンダン師匠
だってね、親の時代は女の人は20歳過ぎたら結婚して

20歳になる前か、高校卒業したら結婚してみたいな感じだったじゃないですか。

チョロめがね
そうなんですね。

フォンダン師匠
うん。ですよ、昔は。昭和は。

チョロめがね
昭和は。平成は違うと。

フォンダン師匠
平成も終わりになるんで、その時代になると、女性も働くっていうのが普通じゃないですか。

チョロめがね
確かに、色んな幸せの形は、結婚だけじゃないっていうのは、今の時代ですよね。

フォンダン師匠
20年くらいズレてきてるんで。例えば、20歳で結婚するのが今だったら40くらいで結婚するじゃないですか。

チョロめがね
確かに。

フォンダン師匠
だからね、仕方ないといえば仕方ないんで。結婚とかも、相手がいないとできないんで

自分1人では無理じゃないですか。だからもうどうしようもないし。

そうなると、あなたは多分仕事を頑張ってると思うんですよね。結婚しないっていうのは。

チョロめがね
うんうん。

フォンダン師匠
なので、他のことで親を喜ばせてあげるっていうことも考えてもいいかなと思うんですよ。

チョロめがね
おー、例えばどういうのがありますか?

フォンダン師匠
家族旅行に、今までだったら連れていってもらってたけど、連れていってあげる。

チョロめがね
はいはい。

フォンダン師匠
誕生日とかプレゼントしてあげるとか、家族で毎月1回食事に行くとか。

チョロめがね
ああ、それいいですね。

フォンダン師匠
あとは、物凄いお金持ってるんだったら、家のリフォームするとか(笑)

チョロめがね
(笑)それすごいですね。

フォンダン師匠
喜びますよ、親は。これでも、女性だけじゃないだろうし、男性の方も同じ悩み持っている方、多分すごい多いと思うんですよ。

男性のほうが逆に多いかもしれないですよね。

チョロめがね
僕も言われます。

フォンダン師匠
ですよね。

チョロめがね
はい。僕もスルーしてますけど(笑)

フォンダン師匠
でしょ(笑)だからなんか、親の思いに応えられず悲しいっていう思いは、する必要ないと思うんですよ。あなたがね。

チョロめがね
ほう、というのは?

フォンダン師匠
だって、本当に悲しいんだったら、お見合い結婚して、すぐに結婚したらいいと思うんですよね。

チョロめがね
ふんふん。

フォンダン師匠
でも、そんなにね、これだけが親孝行じゃないんで。

チョロめがね
確かに。

フォンダン師匠
だから、そんなに悲しいと思う必要はないですよ。

チョロめがね
ふーん。

フォンダン師匠
スルーっていうのは極端すぎるんですけど、まあ私とチョロさんみたいな(笑)

チョロめがね
確かにその、応えられないから悲しいっていうのが、ちょっと間違ってるっていうことかは、確かに。

フォンダン師匠
その考え方が間違ってる。

チョロめがね
喜ばせてあげられるっていうことは、もちろん本当にたくさんあるよってことですね。

フォンダン師匠
方法がほかにもあるよっていう。はい。

チョロめがね
分かりました。じゃあですね、悩める女性に今日の開運の一言をお願いします。

フォンダン師匠
今日の一言は、親に自分の思いを伝えよう。

チョロめがね
うん。そうですね。

フォンダン師匠
そうでしょう?自分がどう思って生活してるとか、仕事をしてるのかっていうのを、ちゃんと伝えたほうがいいと思います。

親は知らなくて無責任に言ってるんで。

チョロめがね
(笑)確かにね。

フォンダン師匠
伝わらないから、それを理解したら、親も分かってくれると思うんですよ。

チョロめがね
うーん。

フォンダン師匠
で、「早く結婚して孫を見せてほしい」っていう言葉が、あなたを傷つけている言葉でもあるので。

この悲しいと思っているっていうのはね。

チョロめがね
あー。確かにー。

フォンダン師匠
だから「言わないでほしい」って親に言うべきだと思うんですよ。「私、これ言われたら悲しい」っていうことを。

チョロめがね
うーん。

フォンダン師匠
「お母さんも悲しいかもしれないけど、私も悲しいんだよ」っていうのを言って、うん。

チョロめがね
確かにそうですね。

フォンダン師匠
「私は今こういう仕事をしてて、こういう地位にいるから結婚できない」

とかっていうのを、ちゃんと伝えたほうがいいと思うんですよね。

その代わりに、みんなで、家族でこういうことしよう、みたいな。

チョロめがね
いや、…いい話しますね。

フォンダン師匠
(笑)ありがとうございます。

だからチョロさんも、お母さんに「僕は今、仕事を頑張ってるんで」…いや、頑張ってるかどうか知らないけど(笑)

チョロめがね
(笑)

フォンダン師匠
「なんで、今は無理なんで、ちょっと待ってください」っていう。

「今結婚しても、いい相手が見つかるか分からないんで、もうちょっと先に結婚したいです」っていうふうに伝えると。

チョロめがね
伝える、大事ですね。

フォンダン師匠
伝えるってことが大事ですよね。

チョロめがね
分かりました。ありがとうございます。

フォンダン師匠
ちょっと長くなってしまいましたけど。

チョロめがね
いえいえ、元気でました。

フォンダン師匠
あ、よかったです(笑)じゃあ、頑張ってくださいね。

チョロめがね
はい。

フォンダン師匠
あなたも。

チョロめがね
あなたも、あなたも。はい。じゃあ今日はありがとうございます。

フォンダン師匠
はい。それでは、皆さんさようならー。